So-net無料ブログ作成
検索選択

「ブラジルワールドカップ大会が遂に!」

2014FIFAワールドカップ大会が今月開催されますね!

その開催される国はと言えば、「ブラジル」です。
64年ぶりの開催になります。

ブラジルとはどこにあるのでしょう!
南米にあります。

日本の裏側にある国。
アマゾン川という有名な河がある国。
リオのカーニバルで踊るダンサー。
コーヒー豆の生産が世界で有名。
ジャングルという密林が伐採されている。

これから先進国を追い付き、やがて
次の世界の経済・流通のさきがけを行こうと
しているこれからの国である。

日本への輸出 1.鉄鉱 2.鳥の分解した肉・冷凍物 3.鉄鉱1.とは種類は異なる 4.アルミ二ウムの塊 5.コーヒー 6.大豆 7.エチルアルコール 8.飛行機 9.フェロシリコン 10.フェロニオブ

1.3は同じく鉄鉱です。
違いは凝結させた物、させてない物
の違いになります。


どういうことでしょうね!?

1.蒸気の凝結、飽和蒸気を冷却したり定温で圧縮したりするとき、蒸気の一部が液化する現象。普通は空間に浮遊する微小なちりやイオンなどを核にして液滴が生ずることによって始まる。

2.大気中の水蒸気の凝結の中心となる吸湿性の微粒子を凝結核と呼ぶ。
これは直径10-5~10-4cm程度の燃焼生成物および海水のしぶき。
乾燥してできる食塩微粒子などである。

詳しい説明なんですが今ひとつ理解はできない状態ですね!

自分だけかも知れません。


9.フェロシリコン
シリコンとなんか関係ありそうですね!

フェロシリコン、鉄とシリコン鉄合金で構成されています。
フェロシリコン、鉄 - シリコン合金製錬炉で作られた原料として、コークス、鉄スクラップ、石英(あるいはシリカ)に基づいています。ケイ素と酸素と容易に合成シリカ、しばしば製鋼における脱酸剤として使用されるので、フェロシリコン。合金元素が広く、多くの場合、還元剤として使用される低合金構造用鋼、ばね鋼、軸受鋼、耐熱鋼及び電気ケイ素鋼、フェロシリコン、フェロアロイ製造や化学工業で使用される薬剤を結合として、フェロシリコンを使用することもできます。

鉄という硬いものとシリコンという柔軟なものを、
合体させたことで特殊な分野での使用が可能に、
なり益益、日本への輸出が増えるのでしょう!


10.フェロ二オブ

1.酸化ニオブNB205含有量が0.3%以上の鉱石が採掘対象とされ、磁力選鉱,浮遊選鉱によってNB20565%程度の精鉱とする。
2.これにアルミニウム粉末と酸化鉄(III)を加え、テルミット法でフェロニオブとして得る。高純度のニオブを製造する場合は、鉱石をフッ化水素酸と硫酸で分解し、メチルイソブチルケトン(MIBK)によって不純物およびタンタルを分離してNB205とし、炭素で還元する。

何かと何かが結合したらまた、
新たな何かが誕生する、不思議な
生き物なんですね!!


日本からの移住も多い国です、
サムライ日本への応援に期待大です。

SAMURAI JAPAN YAMATO DAMASHII !!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。